新型コロナウイルス感染症への対応について

伊藤忠と傘下の都市開発、サンケイビルが大阪・箕面で2・2万平方メートルの物流施設を共同開発

伊藤忠と傘下の都市開発、サンケイビルが大阪・箕面で2・2万平方メートルの物流施設を共同開発

21年6月完成予定、新名神道ICから2キロメートルで近畿一円へのアクセスに強み

伊藤忠都市開発は3月10日、親会社の伊藤忠商事やサンケイビルと共同で、大阪府箕面市で「(仮称)箕面森町物流施設」を開発すると発表した。

地上4階建て、延べ床面積2万1663平方メートル。新名神道の箕面とどろみICから約2キロメートルに位置している。今年6月に工事を始め、2021年6月の完成を見込む。

伊藤忠都市開発が物流施設開発を手掛けるのは4棟目で、近畿圏では初めて。箕面エリアは新名神道の開通で近畿一円へのアクセスが向上、物流施設の開発地としても有望とみて、開発を進める。


「(仮称)箕面森町物流施設」の完成イメージ(伊藤忠都市開発提供)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

物流施設/不動産カテゴリの最新記事