新型コロナウイルス感染症への対応について

【新型ウイルス】政投銀や商工中金通じ資金繰りや国内のサプライチェーン再編を支援

【新型ウイルス】政投銀や商工中金通じ資金繰りや国内のサプライチェーン再編を支援

政府が新型コロナの緊急対応策第2弾を発表

政府は3月10日に首相官邸で開いた「新型コロナウイルス感染症対策本部」の会合で、緊急対応策の第2弾を決定した。「事業活動の縮小や雇用への対応」として、日本政策投資銀行(DBJ)や商工組合中央金庫(商工中金)による危機対応業務などを通じ、企業の資金繰りや国内のサプライチェーン再編を支援。中小・小規模事業者を対象に実質無利子・無担保の融資制度を設けることを打ち出した。

中国などで感染が拡大し、生産の一時停止などサプライチェーンに影響が出ていることを踏まえ、国際協力銀行(JBIC)の「成長投資ファシリティ」などを活用して新たな設備投資をサポート。雇用調整助成金の特例措置を大幅に拡大し、対象を全事業主に拡大するとともに、一斉休業など対象を明確化、1月にさかのぼっての適用を可能にする。さらに特別な地域に関しては助成率を中小企業、大企業ともに上乗せする。

緊急対応策関連の金融措置は総額1・6兆円規模になると見込んでいる。対策はこのほか、不足しているマスク対策や治療薬の開発加速、保護者の休暇取得支援などを盛り込んでいる。

安倍晋三首相は会合の席上、大規模なイベント開催の中止・延期などの対応について、専門家会議の判断が示されるまでの間、おおむね10日間程度は引き続き実施するよう協力を求めた。


会合で発言する安倍首相


会合の冒頭の様子(いずれも首相官邸ホームページより引用)

(藤原秀行)

対策の概要はコチラから

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

災害/不祥事カテゴリの最新記事