新型コロナウイルス感染症への対応について

ロジザードのクラウド型WMS、HameeのEC一括支援サービスとAPI連携

ロジザードのクラウド型WMS、HameeのEC一括支援サービスとAPI連携

出荷・在庫のデータを相互に自動でやり取り可能に

ロジザードは4月7日、同社のクラウド型WMS(倉庫管理システム)「ロジザードZERO」と、スタートアップ企業のHameeが展開しているクラウド型のEC一括支援サービス「NEXT ENGINE(ネクストエンジン)」と連携を強化したと発表した。

双方の機能をAPI連携させ、出荷の実績や在庫変動に関するデータをロジザードZEROからネクストエンジンへ自動的に提供したり、受注に関するデータをネクストエンジンからロジザードZEROへ自動で送ったりして、両サービスを効率的に組み合わせ、ECの受発注から入出荷、在庫管理など多岐にわたる業務を包括的にサポートできる体制を実現した。


連携の概要(ロジザード提供)※クリックで拡大

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事