メルマガの配信元アドレスが変更となりました

7&i、ネットスーパーの「置き配」サービスでエリア拡大へ

7&i、ネットスーパーの「置き配」サービスでエリア拡大へ

19年11月に東京・西日暮里で開始

セブン&アイ・ホールディングス(HD)は4月10日、2020年2月期決算説明会の資料を開示した。

新型コロナウイルスの感染拡大で外出自粛の動きが広がっていることを受け、通販・配達需要が伸びていることを紹介。ラストワンマイル対応を強化する方針を示した。

また、インターネットスーパー「IYネットスーパー」で19年11月から東京・西日暮里エリアで利用者が指定した玄関先などに商品を届ける「置き配」サービスを展開していることに言及。21年度(21年2月期)はエリアを徐々に拡大し、22年度(22年2月期)にかけて本格稼働させていく構想を明らかにした。併せて、ネットスーパーの商品を受け取ることが可能な「受け取りボックス」も設置店舗を増やす。

通販や配達の売上高を見ると、セブンネットショッピングが1月は前年同月比21・0%増、2月はほぼ前年並みの0・7%増、3月は30・9%増。外出自粛の動きが広がったことにより書籍やゲームなどが好調だった。IYネットスーパーも2月は2・4%増、3月は7・1%増。ミールキットやレトルト食品、牛乳、卵などが伸びた。

(藤原秀行)

経営/業界動向カテゴリの最新記事