新型コロナウイルス感染症への対応について

【新型ウイルス】置き配バッグOKIPPA、衣服のサブスクサービス「メチャカリ」返送時の非対面集荷で実証実験

【新型ウイルス】置き配バッグOKIPPA、衣服のサブスクサービス「メチャカリ」返送時の非対面集荷で実証実験

Yperとストライプインターナショナルが共同で実施

宅配荷物を不在時でも自宅玄関前などで受け取ることができる置き配バッグ「OKIPPA(オキッパ)」を展開するスタートアップ企業のYper(イーパー)は4月16日、衣服のサブスクリプションサービス「メチャカリ」を展開するストライプインターナショナル(岡山市)と共同で、衣服を返送する際にOKIPPAを使って非対面で集荷する実証実験を行うと発表した。

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、玄関前で非対面の集荷を普及させられるかどうかを見極めるのが狙い。4月30日まで受け付けるとともに、4月27日~6月30日の間に実験を行う。Yperは「戸建て住宅と集合住宅の両方で、玄関前で集荷を非対面で行うのは物流業界で初めて」と話している。

メチャカリは人気ブランドの新品アイテムを定額で何度でもレンタルできるのが特徴。アプリから選んだアイテムを宅配便で受け取り、返却時はユーザーが宅配便で発送する。

アンケートの結果、発送作業に負担を感じているユーザーが多い実情が分かったこともあり、ストライプインターナショナルとしてはOKIPPAに返却するアイテムを入れて玄関先に置いてもらう形式を採用して梱包作業の手間を減らし、サービスの利用を促進できるかどうかについても検証したい考え。返却時はヤマト運輸を選択する。

実験は東京都世田谷区に在住のメチャカリ有料会員が対象で、オートロックのない住居に住んでいることなどが条件。既にOKIPPAを使っている人も参加可能で、特典としてOKIPPAを1ユーザーに1個ずつ配布する。


実証実験のイメージ(Yper提供)※クリックで拡大

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

災害/不祥事カテゴリの最新記事