新型コロナウイルス感染症への対応について

プラスオートメーション、富士ロジテック・ネクストにソーティングロボット提供開始

プラスオートメーション、富士ロジテック・ネクストにソーティングロボット提供開始

従量課金の「RaaS」採用、センターの保管能力拡大と生産性向上を両立

日本GLPと三井物産が共同設立したロボットサービスのプラスオートメーション(+A、東京)は4月16日、富士ロジテック・ネクストが神奈川県厚木市で運営しているアパレル向け物流センターに、中国の浙江立镖机器人有限公司(Zhejiang LiBiao Robots)のソーティングロボットシステム「t-SORT」の提供を開始したと発表した。

毎月完全定額制の「RaaS(ロボット・アズ・ア・サービス)」を採用。富士ロジテック・ネクストのロボット導入負荷を抑えるとともに、取り扱う物量の変動に応じて柔軟にロボット台数を変えられる仕組みとし、業務効率化をサポートする。

富士ロジテック・ネクストのセンターでは、法定の安全対策を施した上で、ロボットを中量ラック天板上で稼働させており、ピッキングエリアとソーティングエリアを融合させることで保管能力の拡大と生産性向上を両立させている。

+Aはt-SORTの活用例として、プラスチック製パレットを走行ルートに活用し、より安価かつ迅速に物流現場へ採用できることを紹介。RaaS形態を積極的に提案していきたい考え。


富士ロジテック・ネクストのロボット導入現場


プラスチックパレットをソーティングロボットの走行ステージとした例(いずれもプラスオートメーション提供)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事