新型コロナウイルス感染症への対応について

宮城・岩沼のプロロジス開発物流施設、5月2日午後3時時点でまだ鎮火せず

宮城・岩沼のプロロジス開発物流施設、5月2日午後3時時点でまだ鎮火せず

建物全体に延焼、同じ建物での業務再開は絶望的

Jリートの日本プロロジスリート投資法人の資産運用を担うプロロジス・リート・マネジメントは5月2日、保有している宮城県岩沼市の物流施設「プロロジスパーク岩沼1」で4月30日正午ごろに発生した火災が、5月2日午後3時時点で鎮火せず、消防による消火活動が続いていると発表した。

現時点で人的被害は確認されていないが「本物件の建物全体に延焼している」という。同施設に入居しているF-LINEも建物は全焼したと説明しており、同じ建物での業務再開は絶望的とみられる。

プロロジス・リート・マネジメントによれば、同施設はプロロジスが開発して2008年10月に完成し、延べ床面積は3万9957平方メートル。


「プロロジスパーク岩沼1」の外観(プロロジス人ウェブサイトより引用)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

災害/不祥事カテゴリの最新記事