新型コロナウイルス感染症への対応について

F-LINE、宮城・岩沼の物流施設火災で「早期の業務再開・正常化へ全社挙げて対応」

F-LINE、宮城・岩沼の物流施設火災で「早期の業務再開・正常化へ全社挙げて対応」

他社から延焼、鎮火と説明

F-LINEは5月7日、同社が物流拠点を構えていた宮城県岩沼市の物流施設「プロロジスパーク岩沼1」の火災に関し、「一刻も早い業務の再開・正常化を目指し、全社を挙げて対応を進めている」とのコメントを発表した。

F-LINEは、他社火災から自社の物流拠点「岩沼物流センター」に延焼した火災が5月6日午後4時10分に鎮火したと説明。「関係者の皆さまには多大なご迷惑と、ご心配をお掛けしたことを、あらためて深くおわび申し上げる」と謝罪した。


「プロロジスパーク岩沼1」(プロロジスウェブサイトより引用)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

災害/不祥事カテゴリの最新記事