新型コロナウイルス感染症への対応について

スクロール、茨城・つくばみらいに関東初の物流拠点開発

スクロール、茨城・つくばみらいに関東初の物流拠点開発

3万平方メートル、ソリューション事業拡大へ

スクロールは5月8日、茨城県つくばみらい市で新たな物流拠点「スクロールロジスティクスセンター(SLC)みらい」を建設したと発表した。関東エリアで初めてとなる。

地上5階建て、延べ床面積は約3万平方メートル。約60億円を投資した。5月20日に稼働を開始する予定。

当日入出荷を担うクロスドックエリアを設け、配送リードタイムの短縮を目指すほか、化粧品の製造や「ささげ(撮影、採寸、商品紹介原稿作成)」の機能を備えている。SLCみらいを最大限活用し、EC・通販物流のソリューション事業を拡大していきたい考え。

今後は東海、関西エリアの物流拠点4カ所の情報システムを連携させ、業務を請け負った企業の物流コストやリードタイムの最適化などを支援していく構え。


新センターの外観(スクロールプレスリリースより引用)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

物流施設/不動産カテゴリの最新記事