新型コロナウイルス感染症への対応について

大和ハウス工業、佐賀・鳥栖の工業団地で5万平方メートルのマルチテナント型物流施設開発へ

大和ハウス工業、佐賀・鳥栖の工業団地で5万平方メートルのマルチテナント型物流施設開発へ

市と「進出協定」締結、九州全域カバー可能な立地でモーダルシフト需要にも対応

大和ハウス工業は5月14日、佐賀県鳥栖市の「轟木工業団地」で新たなマルチテナント型物流施設「(仮称)DPL鳥栖」を開発すると発表した。同市と工業団地への進出と環境保全に関する協定を同日付で締結した。

新施設は地上2階建て、延べ床面積は5万418平方メートルを計画。最大3社がテナントとして入居可能な設計とする。佐賀県で同社がマルチテナント型物流施設を建設するのは今回が初めてとなる。5月15日に着工し、完成は2021年4月末を予定している。

九州道・長崎道の鳥栖ICから約4キロメートルに位置し、鳥栖JCTにも近接。九州全域をカバーできるアクセスの良さが強みだ。JR貨物の鳥栖貨物ターミナル駅までも約3キロメートルで、モーダルシフト需要にも対応できると見込む。


「(仮称)DPL鳥栖」の完成イメージ


現地と周辺の地図※クリックで拡大(いずれも大和ハウス工業提供)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

物流施設/不動産カテゴリの最新記事