新型コロナウイルス感染症への対応について

米フェデックスとマイクロソフトが業務提携

米フェデックスとマイクロソフトが業務提携

天候などデータ収集・分析し配送遅れの可能性を事前察知、迅速に対応

米フェデックスとマイクロソフトは5月18日、新たに業務提携したと発表した。第1弾として、マイクロソフトのクラウドサービスなどを活用した新サービス「フェデックス・サラウンド」を提供する予定。

天候や交通状況などのデータをリアルタイムで収集・分析し、荷物の配送が遅れる可能性を事前に把握して荷主に連絡、別の経路を提案することなどを想定している。両社のノウハウや技術を組み合わせてサプライチェーンの動きを可視化し、トラブルを早期に回避して顧客の希望した時間通りに配送できるようにする。

新サービスは今夏に始める予定で、両社は他にも新たなソリューションの提供を検討している。

(藤原秀行)※ロゴマークはフェデックス提供

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事