新型コロナウイルス感染症への対応について

山九とLOZI、STANDAGEが貿易・物流分野への先端技術活用研究へ新組織開設

山九とLOZI、STANDAGEが貿易・物流分野への先端技術活用研究へ新組織開設

第1弾は中小企業向けに貨物の現在地追跡や国際決済などワンストップ提供目指す

山九とLOZI、STANDAGEの3社は5月28日、貿易・物流分野で先端技術を活用するための研究・開発を担う合同研究機構「ロジスティクス・ラボ(通称ロジラボ)」を開設、6月1日に運営を始めると発表した。

第1弾として、新型コロナウイルスの感染拡大で経営環境が厳しい中小企業向けに、出荷納品や貨物の現在地追跡、国際決済などの貿易関連業務をワンストップで支援していくことを目指す。

日本からナイジェリアへの輸出に関して業務支援の実証実験を行った結果、物流などが円滑に進められることを確認したと強調している。3社はフォワーディングに関する経験が豊富な山九と、貨物追跡サービスを手掛けるLOGI、ブロックチェーン技術を基にしたデジタル貿易決済を担うSTANDAGEがそれぞれ技術とノウハウを持ち寄ることで、さまざまな課題を解決できると見込む。

今後は3社以外にも参加を呼び掛け、多様な分野で研究・開発を進めていく方針。


スマートフォンを使った貨物追跡のイメージ(3社提供)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事