新型コロナウイルス感染症への対応について

【新型ウイルス】日本通運、代表取締役の役員報酬を10%減額

【新型ウイルス】日本通運、代表取締役の役員報酬を10%減額

6~9月の4カ月間、コロナの影響大と見込む

日本通運は5月22日、新型コロナウイルスの感染拡大が業績に大きな影響を及ぼすことが予想されるため、役員報酬を減額すると発表した。

期間は今年6月から9月までの4カ月間で、代表取締役(就任予定者含む)5人の月額報酬を10%減らす。同社は「ステークホルダーの皆さまと痛みを共有し、より一層の緊張感を持って経営に当たる決意を明らかにする」と説明している。

同社は2021年3月期の業績予想に関し「新型コロナウイルスによる影響を現段階において合理的に算定することが困難」として、未定と説明している。

(藤原秀行)※写真は日本通運資料より引用

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

災害/不祥事カテゴリの最新記事