メルマガの配信元アドレスが変更となりました

【新型ウイルス】日本郵便、米国向けEMSや航空小包などの引き受けを4月24日から一時停止

【新型ウイルス】日本郵便、米国向けEMSや航空小包などの引き受けを4月24日から一時停止

コロナ感染拡大で航空便減便・運休増加響く、船便は継続

日本郵便は4月23日、米国向け郵便物の一部に関し、引き受けを同24日から一時停止すると発表した。

新型コロナウイルスの世界的な感染拡大で航空便の減便・運休が広がり、輸送力が非常に低下しているのに対応する。

引き受け一時停止の対象はEMS(国際スピード郵便)の郵便物と、小包や通常郵便物(小形包装物および印刷物)のうち航空扱いのもの。SAL(エコノミー航空便)は既に停止している。船便扱いについては引き受けを継続する。また、通常郵便物のうちはがきや盲人用などは航空扱いのものも引き続き対応する。

ただ、引き受ける郵便物に関しても、これまでと同様に大幅な配達遅延が予想されると指摘。EMSの郵便物は現在の輸送量を鑑みると発送までに最大4カ月程度の期間を要することが見込まれるという。同社は郵便物の取り戻しを希望する場合は最初に差し出した郵便局に問い合わせるよう呼び掛けている。

(藤原秀行)

災害/事故/不祥事カテゴリの最新記事