新型コロナウイルス感染症への対応について

三井倉庫、医療機器メーカー2社から物流業務受託

三井倉庫、医療機器メーカー2社から物流業務受託

関西と関東でセンター展開

※末尾の「今年6月完成予定」は「2021年6月完成予定」の誤りでした。深くおわび申し上げます

三井倉庫ホールディングス(HD)は6月2日、傘下の三井倉庫が、グローバルな医療機器メーカー、ベクトン・ディッキンソン(BD)の日本法人とメディコンの2社から日本国内の物流業務を一括受託したと発表した。6月から順次業務を開始する。

三井倉庫は2012年からヘルスケア専門施設の「西日本P&Mセンター」(大阪市)で日本BDの西日本物流センター業務を手掛けている。17年にメディコンが日本BDグループ入りしたのに伴い、両社の流通管理一元化プロジェクトが発足、検討を進めてきた。

受託の対象は輸入製品の受け入れ後に必要となる製造業務を含めた物流オペレーション全般と国内代理店などへの配送管理。西日本P&Mセンターの機能を強化するほか、三井倉庫が埼玉県加須市で新たに構える「関東P&MセンターⅡ」(仮称、2021年6月完成予定)で日本BDとメディコンの業務を手掛ける計画。


「関東P&MセンターⅡ」(仮称)の完成イメージ(三井倉庫HDプレスリリースより引用、手前側。奥側は既存の「関東P&Mセンター」)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他カテゴリの最新記事