新型コロナウイルス感染症への対応について

楽天、千葉・習志野の野村不動産物流施設で5・9万平方メートルのセンター稼働開始

楽天、千葉・習志野の野村不動産物流施設で5・9万平方メートルのセンター稼働開始

ネット通販出店者向けサービスを展開

楽天は6月15日、千葉県習志野市で新たな物流拠点「Rakuten Fulfillment Center Narashino(楽天フルフィルメントセンター習志野)」が同日、稼働を開始したと発表した。

同センターは野村不動産が開発した地上5階建ての物流施設「Landport(ランドポート)東習志野」に入居しており、賃借面積は約1万8000坪(約5万9400平方メートル)。楽天のインターネット通販サイト「楽天市場」の出店者向け物流サービス「楽天スーパーロジスティクス」を展開する。

楽天は既に千葉県市川市と流山市、兵庫県川西市と尼崎市、大阪府枚方市で物流センターを展開している。取り扱い物量の増加で既存センターが2020年の中ごろには満床となる見通しのため、新センターを活用して商品の入出荷などの処理能力を高めたい考え。


新センターが入る「Landport東習志野」(2019年8月撮影)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

物流施設/不動産カテゴリの最新記事