新型コロナウイルス感染症への対応について

【新型ウイルス】トヨタ、7月の生産は当初計画比1割減まで回復へ

【新型ウイルス】トヨタ、7月の生産は当初計画比1割減まで回復へ

新車需要に回復の兆し、休日出勤は拡大

トヨタ自動車は6月22日、7月の国内自動車生産の見通しを発表した。

生産台数は当初計画比1割減(3万9000台分)で、6月の4割減からさらに回復することを想定。新型コロナウイルスの感染拡大で新車需要が落ち込んだのを受けて生産調整を続けてきたが、需要に回復の兆しが見えるため、徐々に通常時へ体制を戻していく予定だ。

国内の全15工場28ライン中、7月に稼働を停止するのは日野自動車なども含めた3工場の6ラインで延べ16日分となり、6月の14工場25ライン(延べ133日分)から大幅に縮小。生産ラインの1直化も6月の3工場5ラインから7月は2工場3ラインに減らす一方、休日出勤は6月の2工場3ライン(延べ12日分)から7月は3工場4ライン(延べ13日分)へ増やす。

(藤原秀行)

詳細はコチラから

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

災害/不祥事カテゴリの最新記事