新型コロナウイルス感染症への対応について

GLP投資法人、海外投資家限定対象の公募増資196億円実施へ

GLP投資法人、海外投資家限定対象の公募増資196億円実施へ

「ABB」方式採用しJリートで初

JリートのGLP投資法人は6月23日、海外の投資家のみを対象とした公募増資を実施すると発表した。同投資法人が公募増資に踏み切るのは2018年9月以来、1年9カ月ぶり。

募集する投資口(企業の株式に相当)は14万9560口で、調達資金は手数料を除いて195億8000万円を予定。増資の計画を公表した後に発行条件を短期間に決定できる「アクセラレーテッド・ブックビルディング(ABB)」方式を採用し、募集価格などは6月25日までに確定する予定。

調達した資金は、物件供給スポンサーの日本GLPが開発した物流施設4件の取得費用の一部に充てる。SMBC日興証券とシティグループ証券が共同で公募増資の主幹事を務める。

Jリートの投資法人がABB方式で海外投資家のみを対象に公募増資を行うのは初めてという。新型コロナウイルスの感染拡大で世界経済が厳しさを増す中、増資発表から迅速に発行条件を確定できるABB方式で進めることで、市場の変動リスクを極力回避したい考えだ。

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

物流施設/不動産カテゴリの最新記事