新型コロナウイルス感染症への対応について

米アマゾン、自動運転技術開発のスタートアップ企業を買収

米アマゾン、自動運転技術開発のスタートアップ企業を買収

商品配送の効率化目指す、1100億円超か

米アマゾン・ドット・コムは6月26日、カリフォルニアを拠点として自動運転技術の開発を手掛けるスタートアップ企業のズークス(Zoox)を買収することで合意したと発表した。

買収額は開示していないが、米主要メディアは10億ドル(約1100億円)以上になるとの見通しを示した。

ズークスは2014年、米スタンフォード大出身の技術者らが設立。公道を使った自動走行試験を重ねている。アマゾンはズークスの技術やノウハウを生かし、物流センターから顧客までの商品配送の自動化・効率化を目指す。

アマゾンが買収後もズークスは現経営陣が引き続き経営に当たるほか、自動タクシーなどの技術開発も継続する。

(藤原秀行)※写真はアマゾン提供

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事