メルマガの配信元アドレスが変更となりました

ENEOSとスタートアップのゼロスペック、IoT活用し灯油配送最適化図る

ENEOSとスタートアップのゼロスペック、IoT活用し灯油配送最適化図る

在庫情報を遠隔でモニタリング、ベストの配送タイミング算出

ENEOSとインターネットを使った情報処理事業を展開しているスタートアップ企業のゼロスペック(東京・赤羽)は6月29日、IoT(モノのインターネット)を活用した灯油の配送最適化を共同で進めると発表した。両社間でパートナー契約を結んだ。

ゼロスペックが開発したIoTスマートセンサーを消費者の灯油ホームタンクに設置。タンク内の灯油の量を遠隔でモニタリングし、最適な配送タイミングを算出、業務の効率化につなげる。

2018年度から北海道・東北エリアで実証実験を行い、配送の走行距離やリードタイムの削減などの効果が確認されたため、本格的に展開することとした。まず20年度の下半期から北海道・東北エリアのENEOS系列特約店でサービスを始め、順次導入エリアを広げるとともに、AI(人工知能)を使った最適配送計画の自動策定を視野に入れている。さらに灯油以外の油種への転用、需要予測などへの活用も図る。


将来の灯油配送最適化のイメージ(ENEOSプレスリリースより引用)※クリックで拡大

(藤原秀行)※写真はイメージ

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事