新型コロナウイルス感染症への対応について

ヤマト、世界的なESG投資指標の構成銘柄企業に選定

ヤマト、世界的なESG投資指標の構成銘柄企業に選定

英FTSEラッセル算出

ヤマトホールディングスは7月9日、英国の指数算出サービス大手FTSEラッセルが手掛けているESG(環境・社会・企業統治)投資の世界的な指標「FTSE 4Good Index Series(4グッド・インデックス・シリーズ)」と、日本企業を対象とした「FTSE Blossom Japan Index(ブラッサム・ジャパン・インデックス)」の構成銘柄に選定されたと発表した。

両指標は開示情報に基づき、ESGに関連して優れた対応を行っているとみなした企業を評価しているもので、投資ファンドや機関投資家らが投資する際の判断材料に用いられている。後者の指標は日本の年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)も投資判断の際の指数の1つに採用している。


両指標のロゴマーク(ヤマトホールディングスプレスリリースより引用)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他カテゴリの最新記事