新型コロナウイルス感染症への対応について

アスクルが東京・臨海エリアで開設の新物流拠点、22年7月稼働へ

アスクルが東京・臨海エリアで開設の新物流拠点、22年7月稼働へ

日本自動車ターミナル開発施設を1棟借り、関東エリアのBtoB中核に

アスクルは7月10日開示した2020年5月期決戦説明資料で、東京・江戸川区臨海町で開設予定の新たな物流拠点「(仮称)ASUKL新東京センター」に関し、稼働開始が2022年7月になるとの見通しを明らかにした。従来見込みより半年程度先送りとなる。

新拠点は日本自動車ターミナル(JMT)が展開している「葛西トラックターミナル」内で建設が進められている「JMT葛西A棟」に入居。地上5階建て、延べ床面積約5万8000平方メートルを1棟借りする計画だ。建物の完成は21年8月の予定。アスクルは関東エリアの中核となるBtoBの拠点として活用する方針。

今年1月に完成した、東急不動産が建て替えた新物流施設「LOGI’Q三芳」に開設した物流拠点「ASUKL三芳センター」は、21年5月期の下期から本格的に稼働を始めると説明している。

21年5月期の設備投資は「新東京センター」に34億円、三芳センターに15億円をそれぞれ見込んでいる。


「(仮称)ASUKL新東京センター」の外観イメージ(アスクル資料より引用)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

物流施設/不動産カテゴリの最新記事