新型コロナウイルス感染症への対応について

【独自取材】サカタインクス、ピジョン、村田製作所、NTTやNTT東西が新たに「ホワイト物流」へ賛同

【独自取材】サカタインクス、ピジョン、村田製作所、NTTやNTT東西が新たに「ホワイト物流」へ賛同

自主行動宣言提出、イナバロジや大友ロジ、紀文フレッシュシステムも

国土交通省は7月14日、政府が物流事業者や荷主企業と連携してトラックドライバーの就労環境改善などを目指す「ホワイト物流」推進運動の専用ウェブサイトで、同運動の趣旨に賛同して自主行動宣言を提出した企業・組合・団体の一覧に関し、6月末時点の最新状況に更新した。

ロジビズ・オンラインが一覧の更新内容を確認したところ、製造業で新たに印刷インキ大手のサカタインクスや育児用品大手のピジョン、電子部品大手の村田製作所などが宣言を同運動事務局に提出していたことが分かった。情報通信業のNTTとNTT東日本、NTT西日本も宣言を出していた。

運輸・郵便業は稲葉製作所グループのイナバロジスティクス、大友ロジスティクスサービス、紀文食品グループの紀文フレッシュシステムなどが宣言を作成した。

一部企業の宣言は最終更新日が記入されていなかったり、6月とは異なる月日が書かれていたりしたため、各社がそろって6月中に宣言を提出したかどうかは不明。

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

雇用/人材カテゴリの最新記事