新型コロナウイルス感染症への対応について

日本通運、強固な新容器用いた小口貨物輸送サービスを全国主要都市に拡大

日本通運、強固な新容器用いた小口貨物輸送サービスを全国主要都市に拡大

汚破損防ぎ梱包資材の廃棄物も削減

日本通運は7月15日、強固な新容器を用いた新たな小口貨物輸送サービス「プロテクトBOXアロー」を同日、全国の主要都市に拡大したと発表した。今年4月に東京、横浜、名古屋、大阪で提供を開始、需要が見込めるためサービスエリアを拡大することにした。

プロテクトBOXは強固で軽量かつ繰り返し使えるハニカムコア材で荷物を覆うことで汚破損を防ぐとともに、ストレッチフィルムなど梱包資材の使用や廃棄物の削減につなげるのが特徴。同社の全国をカバーしている積み合わせ輸送「アロー便」で活用している。

今後は陸・海・空の各輸送モードでプロテクトBOXを組み合わせた新たな輸送商品の開発を目指す。


プロテクトBOXアローのイメージ(日本通運プレスリリースより引用)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他カテゴリの最新記事