新型コロナウイルス感染症への対応について

【新型ウイルス】ZOZO、千葉・習志野の物流施設で従業員1人の感染確認

【新型ウイルス】ZOZO、千葉・習志野の物流施設で従業員1人の感染確認

商品発送に1日程度の遅延可能性

ZOZOは7月14日、千葉県習志野市の物流施設「ZOZOBASE習志野1」で従業員1人が新型コロナウイルスに感染していることを確認したと発表した。

当該従業員は施設内で勤務していたため、社外関係者との接触はなく、体調も異常は見られないという。同社は全従業員に帰宅を指示するとともに、施設内や従業員専用バスの消毒などを実施した。濃厚接触者と推定される従業員はいない。

施設は7月15日に稼働を再開する予定と説明。商品発送に1日程度の遅延が発生する見込みという。

同施設はプロロジスが開発した「プロロジスパーク習志野4」内で運用している。


「ZOZOBASE習志野1」が入るプロロジス施設(プロロジス提供)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

災害/不祥事カテゴリの最新記事