新型コロナウイルス感染症への対応について

JR東スタートアップとZMP、8月に東京・高輪のイベント会場で無人デリバリーサービスの実証実験

JR東スタートアップとZMP、8月に東京・高輪のイベント会場で無人デリバリーサービスの実証実験

オリジナルそばを注文した人に配達、実用化の可能性検証

JR東日本傘下のベンチャーキャピタル、JR東日本スタートアップ(東京・高輪)は7月17日、自動運転技術開発などを手掛けるZMPと連携し、8月12~16日に無人デリバリーサービスの実証実験を東京都内で行うと発表した。

ZMPの宅配ロボット「DeliRo(デリロ)」を投入し、JR山手線の高輪ゲートウェイ駅前の特設会場で7月14日から9月6日まで開かれているイベントで、JR東日本フーズが出店する「高輪SOBA二八」のオリジナルのそばを注文した人に届ける。決済は交通系のICカードで行う予定。トラブルに備え、現場でスタッフが常時監視する。

JR東日本スタートアップは「実証実験を通じて、無人での注文からデリバリーまでの実現可能性を検証し、将来的には高輪ゲートウェイの街での実用化、デリバリーの人手不足解消に向けて検討していく」と説明している。


「DeliRo」(ZMP提供)


「高輪SOBA二八」のオリジナルそばのイメージ(JR東日本スタートアップ提供)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事