メルマガの配信元アドレスが変更となりました

トナミHD、広島地盤の新生倉庫運輸を買収

トナミHD、広島地盤の新生倉庫運輸を買収

食品物流拡大狙う

トナミホールディングス(HD)は7月31日、中国エリアを地盤とする新生倉庫運輸(広島市)を買収したと発表した。同日付で同社株式の67%を取得、子会社化した。

新生倉庫運輸は1947年設立。広島や岡山、山口を軸に食品やメーカー系物流を強みとしている。同社を傘下に収め、食品などの物流拡大を狙う。株式取得額は開示していない。トナミ第一倉庫物流の明宗寅社長が8月末に新生倉庫運輸の社長となる予定だが、経営の独立性を尊重し、社名は継続する。

同社の2020年3月期の営業収益(売上高に相当)は43億円だった。

(藤原秀行)

経営/業界動向カテゴリの最新記事