新型コロナウイルス感染症への対応について

【新型ウイルス】福山通運、21年3月期の業績予想を上方修正

【新型ウイルス】福山通運、21年3月期の業績予想を上方修正

コロナ禍で減収減益も、配送経路見直しなど業務改革が奏功見込む

福山通運は8月6日、2021年3月期の連結業績予想を修正した。

売上高は従来の2785億円から2805億円(前期比4・3%減)、営業利益は127億円から170億円(17・2%減)、純利益は85億円から122億円(5・6%減)にそれぞれ引き上げた。

新型コロナウイルスの感染拡大による経済情勢悪化で荷物取扱量が減っていることなどから減収減益を強いられるとの基本的な見方は変わっていないが、配送ルートの見直しなどの業務改革が奏功し、費用を抑制できる見込みとなったことや、貨物輸送量がやや戻っていることなどが追い風となる。

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

災害/不祥事カテゴリの最新記事