新型コロナウイルス感染症への対応について

三菱商事とAI開発のSENSYが資本・業務提携、小売業向けソリューションを共同開発へ

三菱商事とAI開発のSENSYが資本・業務提携、小売業向けソリューションを共同開発へ

商品需要予測の精度向上、まず三菱食品やローソンなどで活用を想定

AI(人工知能)開発を手掛けるスタートアップ企業のSENSY(センシー、東京・渋谷区神南)は8月13日、三菱商事と資本・業務提携したと発表した。

AIを活用した小売業向けのソリューションを共同開発する。三菱商事がSENSYに出資した。出資額は開示していないが、1億円程度のもよう。

SENSYはPOS(販売時点情報管理)データを基に商品ごとの細かな需要をAIで予測する技術を開発、サービス提供している。技術の精度を高め、まずは三菱商事グループの食品卸、三菱食品やローソン、ライフコーポレーションなどで導入、食品の売れ残り削減につなげたい考え。新規出店や商品開発の領域にもAIを活用することを視野に入れている。

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事