新型コロナウイルス感染症への対応について

サッポロ、ベトナム国内のビール輸送で内航船へのモーダルシフト実施

サッポロ、ベトナム国内のビール輸送で内航船へのモーダルシフト実施

CO2排出を年間450トン削減へ

サッポロホールディングス傘下のサッポロビールは8月17日、ベトナム国内のビール輸送に関し、7月1日に内航船へのモーダルシフトを開始したと発表した。

同国南部の「サッポロベトナム ロンアン工場」と同国北部の物流拠点の間の輸送を、従来は全て陸路のトラックで担っていたが、陸路の大部分を海路に切り替え、同工場からホーチミン港を経由し、ハイフォン港まで内航船を使うルートを採用。輸送時の年間CO2排出量を約450t(従来比約64・5%)削減できると見込む。

サッポロは日本のビールメーカーで初めて、ベトナムに工場を開設した。


モーダルシフトのルート(サッポロビール提供)※クリックで拡大

(藤原秀行)※写真はイメージ

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他カテゴリの最新記事