新型コロナウイルス感染症への対応について

ANACargoとCBcloud、空陸一貫輸送サービスの対象空港を4倍の33に拡充と正式発表

ANACargoとCBcloud、空陸一貫輸送サービスの対象空港を4倍の33に拡充と正式発表

全国で利用可能に、コロナ禍が打撃の航空ネットワーク維持も狙い

ANAホールディングス傘下のANACargoとCBcloudは8月17日、共同で展開している空陸一貫輸送サービスを同日から拡充すると正式発表した。現在は国内8カ所としているサービス対応可能な空港の数を4倍の33まで一気に増やし、取り扱えるエリアを地方にも広げる。

同サービスは2019年9月に開始。CBcloudが手掛ける荷物とトラックのマッチングサービス「PickGO」とANACargoが担っている国内航空輸送のネットワークを連携。緊急で運ぶ必要がある貨物でも簡素な手続きで運び手を確保、迅速に目的地まで届けるのが特徴だ。

ユーザーはインターネットの専用サイトでPickGoの法人会員登録を済ませた後、PickGoにアクセスし、発送元と輸送先の住所を入力すれば推定距離や所要時間、料金の見積もりを表示。陸路だけ利用するか、空陸を組み合わせるかを自由に選ぶことが可能。

新千歳、成田、羽田、中部、伊丹、関西、福岡、那覇の主要空港に加え、ANAグループがカバーしている旭川や秋田、仙台、福島、静岡、富山、小松、岡山、広島、高知、米子、北九州、長崎、宮崎といった地方空港でもサービスを使えるようにする。

CBcloudとしては緊急輸送のニーズが引き続き見込まれるのに対応するとともに、新型コロナウイルスの感染拡大で旅客輸送需要が大きく落ち込んでいる航空便の運航維持を支援したい考えだ。


サービスの案内(両社提供)※クリックで拡大

(藤原秀行)

その他カテゴリの最新記事