画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

三菱倉庫とHacobu、輸配送領域の「スコープ3」CO2排出量可視化へ実証実験

三菱倉庫とHacobu、輸配送領域の「スコープ3」CO2排出量可視化へ実証実験

​トラック予約受付サービスなど活用、細かな履歴把握

三菱倉庫とHacobuは6月15日、輸配送時のCO2排出量のうち、スコープ3(事業者自らによる直接排出分と他社から供給された電気、熱・蒸気の使用に伴う間接排出分を除いた部分)の可視化に向けた実証実験を始めると発表した。

輸配送業務は物流会社や発荷主、着荷主など多くの企業が関わっているため、CO2排出量の可視化が難しいと指摘されている。Hacobuが手掛けているトラック運行管理などのシステムMOVO(ムーボ)を活用してトラックの細かな動きを把握、輸配送単位ごとのCO2排出量を算出することを目指す。

併せて、実験で得たデータを生かし、輸配送業務のさらなる効率化にもつなげる。

実験はHacobuのトラック予約受付サービスMOVO Berth(ムーボ・バース)と配送案件管理サービスMOVO Vista(ムーボ・ヴィスタ)を利用し、三菱倉庫の南本牧営業所(横浜市中区)と茨木第一営業所(大阪府茨木市)で実施する。


実証実験の概要(両社提供)

(藤原秀行)

その他カテゴリの最新記事