LOGI-BIZ online ただいまβ版を配信中

日本郵便が福島県内でドローン物流実施へ

日本郵便が福島県内でドローン物流実施へ

郵便局間を飛行、国交省が「目視外補助者なし」承認

 国土交通省は10月26日、日本郵便から東京航空局に飛行申請が出されていたドローン(小型無人機)による荷物配送を承認したと発表した。福島県内の郵便局間を飛び、郵便物などを運ぶことを想定している。

 飛行に際しては操縦者らの目視外のルートをたどり、途中に補助者を配置しない。官民が2018年中の実現を目指している山間地や離島などへのドローン物流のモデルとなる。

 ドローンが飛行するのは、同県南相馬市の「小高郵便局」と浪江町の「浪江郵便局」の約9キロメートル。国交省は今月29日から1年間、「目視外補助者なし飛行」を承認した。

 ドローンはベンチャーの自律制御システム研究所(ACSL)が開発したものを採用した。国交省は「今後本番環境にて最終的な試験飛行を行い、その結果を踏まえて運航が行われる予定」と説明している。

(藤原秀行)


荷物配送に用いるACSLのドローン(日本郵便提供・国交省資料より)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

日本郵政カテゴリの最新記事