新型コロナウイルス感染症への対応について

福山通運が特積み運賃の改定を届け出、詳細は言及せず

福山通運が特積み運賃の改定を届け出、詳細は言及せず

「分かりやすい体系へ見える化・単純化推進」と表明

福山通運は8月20日、特積み運賃を改定すると発表した。8月19日に中国運輸局・広島運輸支局へ届け出たほか、同20日には全国の運輸局・支局に新運賃を届け出ると説明している。具体的な改定額などについては言及していない。

同社は幹線輸送の省人化・効率化やトラックドライバーの確保と教育徹底に向けた設備投資を今後も積極的に実施すると説明。「今回の運賃改定を機に、物流サービス品質の維持・向上および一層の効率化に努め、お客さまに分かりやすい運賃体系にすべく『見える化』『単純化』を推進していく」との考えを表明している。

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

経営/業界動向カテゴリの最新記事