新型コロナウイルス感染症への対応について

伊藤忠、ファミリーマートへのTOB成立

伊藤忠、ファミリーマートへのTOB成立

株保有比率6割超、東証1部上場廃止へ

伊藤忠商事は8月25日、ファミリーマートに対して7月9日~8月24日の間に実施していたTOB(株式公開買い付け)が成立したと発表した。

応募のあった株式を全て買い付け、伊藤忠のファミリーマート株保有比率は現在の50・1%から65・7%に上昇する。今後、所定の手続きを経てファミリーマートは東京証券取引所1部への上場が廃止となる見通し。伊藤忠はファミリーマートとの結び付きを強め、経営改革を加速させたい考えだ。

TOBをめぐっては、米投資ファンドのRMBキャピタルが伊藤忠に対してTOBの1株当たり価格が安過ぎると批判、引き上げるよう要求したほか、香港の投資ファンド、オアシス・マネジメントもファミリーマートに特別配当を実施するよう求めるなど、異例の展開となっていた。

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

経営/業界動向カテゴリの最新記事