画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

物流ロボット導入支援など手掛けるフジテックスとVCのジャフコグループが資本・業務提携

物流ロボット導入支援など手掛けるフジテックスとVCのジャフコグループが資本・業務提携

大きな成長へ事業基盤強化

マテハン機器の販売や物流ロボットの導入支援などを手掛けるフジテックスとベンチャーキャピタル(VC)のジャフコグループは8月1日、資本・業務提携を7月28日付で締結したと発表した。具体的な出資額などは開示していない。

フジテックスは1978年にラミネートの専門商社として創業以来、「環境」を軸に顧客や業界、社会の抱える課題解決のため、多事業を展開する商社へ発展。新型コロナウイルスの感染拡大下でも安定した成長を続けている。

ここ数年間で、会社の成長とともに様々な事業環境の変化が発生。特に環境ニーズの高まりでより大きな成長に向けて事業を強化・拡大していく必要があると判断し、単独での株式上場や大手企業との資本提携など多様な選択肢を検討、今回の決断に至った。

ジャフコグループは国内最大手のベンチャーキャピタルで、1973年の設立以来、累計で4000社以上への投資を実施。累計投資先の上場数では1000社を超えており、現在は国内から海外へ、ベンチャー投資からバイアウト投資へと幅を広げている。フジテックスの将来性も評価、提携を決めた。

ジャフコグループの後ろ盾を得て、フジテックスは物流ロボット導入支援などを強化していきたい考えだ。

(藤原秀行)

経営/業界動向カテゴリの最新記事