新型コロナウイルス感染症への対応について

【訃報】都築元ヤマト運輸社長が死去、91歳

【訃報】都築元ヤマト運輸社長が死去、91歳

故小倉昌男氏の下で「宅急便」普及に邁進

ヤマト運輸元社長の都築幹彦(つづき・みきひこ)氏が病気のため、8月16日に死去した。91歳。ヤマトホールディングス(HD)が9月4日発表した。

葬儀・告別式は近親者で済ませた。新型コロナウイルスの感染状況を踏まえ、「お別れの会」などは現時点で予定していないという。連絡先はヤマトHD秘書室。

東京都出身。慶応大卒業後、1950年に当時の大和運輸(現ヤマト運輸)入社。73年取締役、87年社長に就任した。91年から会長、93年から相談役、95年退任。故小倉昌男氏の下で「宅急便」普及に邁進した。

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他カテゴリの最新記事