新型コロナウイルス感染症への対応について

【訃報】日本郵政の西川善文元社長が死去、82歳

【訃報】日本郵政の西川善文元社長が死去、82歳

三井住友銀頭取など歴任、民営化作業をけん引

元三井住友銀行頭取で日本郵政の初代社長を務めた西川善文(にしかわ・よしふみ)氏が9月11日、死去した。82歳。葬儀は近親者のみで執り行う。

奈良県出身。1961年に大阪大卒業後、住友銀行(現三井住友銀行)に入行。総合商社の安宅産業の経営破綻処理や専門商社イトマンが起こした不祥事の収拾などに携わり、注目を集めた。

金融危機が起きた97年に頭取となり、不良債権処理に奔走。2001年に実現した三井グループのさくら銀行との合併、三井住友銀行の誕生で強力なリーダーシップを発揮した。

郵政民営化前の06年に発足した日本郵政の初代社長に就任し、その後の民営化作業をけん引した。しかし、保養・宿泊施設「かんぽの宿」の売却をめぐって野党などから不当に安く売却したと批判を浴び、09年に辞任した。

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他カテゴリの最新記事