新型コロナウイルス感染症への対応について

「トラックファンド」運営のリアライズ、SMBC日興証券と顧客紹介で業務提携

「トラックファンド」運営のリアライズ、SMBC日興証券と顧客紹介で業務提携

車両を所有からリースに切り替え、運送事業者の財務体質改善支援

自動車のリースや経営コンサルティングなどを手掛けるリアライズコーポレーション(東京・六本木)は6月29日、自社で運営している大型トラック・トレーラーを対象とした投資ファンド「トラックファンド」に関し、SMBC日興証券と顧客紹介業務に関する提携契約を結んだと発表した。

同社が全国に展開している本支店で順次、トラックファンドを顧客に紹介、運送事業者の利用を促す。

トラックファンドは投資家からの資金を元手として国内の各種トラックやトレーラーを購入。運送事業者は車両をリースし、集まったリース料を原資として投資家に還元する。運送事業者は車両を所有からリースに切り替えることで資産のオフバランス化による財務体質改善を進められるほか、投資家も安定した利回りの金融商品として期待できる。

既に各地の地方銀行などと提携しており、新たにSMBC日興証券とも組むことでファンドの紹介先拡大を図る。

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他カテゴリの最新記事