新型コロナウイルス感染症への対応について

JAL、ドローン使った医療物資輸送で米社と業務提携

JAL、ドローン使った医療物資輸送で米社と業務提携

医薬品や検体など迅速配送の事業化目指す

日本航空(JAL)は9月23日、米国でドローン(無人飛行機)事業を手掛けるMatternet(マターネット)と、ドローンを使った医療物資輸送分野で業務提携したと発表した。

マターネットは自社で開発した自律飛行が可能なドローン「M2」と運航管理システムを使い、UPSとも連携してスイスや米国で検体や医薬品などをドローンで届ける事業を展開。既に1万回以上の商用飛行を重ねてきた。

JALはマターネットの知見を取り入れ、日本でも医薬品や検体、血液製剤など迅速な配送が求められる領域で将来の事業化に向け、市場調査や実証実験を進めたい考え。


ドローン「M2」


Matternetが開発中の「M2」が発着可能な荷物受け取り用のステーション(いずれもJALプレスリリースより引用)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

経営/業界動向カテゴリの最新記事