LOGI-BIZ online ただいまβ版を配信中

ユナイテッド・アーバン投資法人、東京・武蔵村山の倉庫取得決定

ユナイテッド・アーバン投資法人、東京・武蔵村山の倉庫取得決定

18億円、好立地やテナント継続入居など評価

 丸紅がメーンのスポンサーを務めるJリートのユナイテッド・アーバン投資法人は10月29日、東京・武蔵村山市の「武蔵村山倉庫」を同30日付で取得すると発表した。取得予定価格は18億円。

取得に伴い、名称を「武蔵村山物流センター」に変更する。

 地上4階建て、延べ床面積3千坪弱。低床式トラックバースや貨物用エレベーターなど設備がそろい、国道16号の内側に位置するなど立地にも優れている点を評価、ポートフォリオの拡充を図る。テナントは2001年10月の完成時からサンリツが物流センターとして活用している。

取得先は、KICアセット・マネジメント系のKICAM武蔵村山特定目的会社。

(藤原秀行)

取得を決めた武蔵村山の倉庫(ユナイテッド・アーバン投資法人提供)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事