新型コロナウイルス感染症への対応について

岡山地盤で食品スーパー展開のハローズ、香川・坂出の工業団地に物流センター開設へ

岡山地盤で食品スーパー展開のハローズ、香川・坂出の工業団地に物流センター開設へ

分譲地4万5819平方メートルを4億8600万円で取得

香川県はこのほど、同県坂出市の「番の州臨海工業団地」で、岡山を地盤に24時間営業の食品スーパーを展開しているハローズが物流センターを開設すると発表した。

同社が同団地内の分譲地のうち4万5819平方メートルを4億8600万円で取得することを決定。10月中に契約を正式に締結する。ハローズなどが分譲地への進出を申し込んだことで、同団地内の香川県所有分譲地は完売する。

ハローズは1958年設立。今年8月末の店舗数は中四国と兵庫県で計88に上る。2021年2月期末には91まで達する計画。店舗数拡大を受けて新たなセンターを立ち上げ、物流効率化を図る狙いがあるとみられる。

(藤原秀行)※ロゴマークはハローズ ホームページより引用

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

物流施設/不動産カテゴリの最新記事