メルマガの配信元アドレスが変更となりました

ZMP、自動搬送ロボで一度に複数枚のパレット搭載可能に

ZMP、自動搬送ロボで一度に複数枚のパレット搭載可能に

後部に連結、最大600キログラムまで対応

ZMPは10月13日、物流支援の自動搬送ロボット「CarriRo(キャリロ)AD+パレット積載タイプ」向けに、一度に複数枚のパレットを搭載できる新機能「パレットコンビ」を発売すると発表した。

専用のパレット台車をCarriRoの後部に連結。積載重量の合計が最大600キログラムの範囲内であれば、複数台をつなげることもできる。目的地まで荷物を運んだ後、自動離脱し、複数台のパレットをまとめて所定の場所へ戻すことにも対応している。

国際物流総合展2021 第2回 INNOVATION EXPO

価格はパレット台車が15万円、台車間の連結アタッチメントが5万円。今年12月に出荷を開始する予定。


「パレットコンビ」(ZMPウェブサイトより引用)

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事