新型コロナウイルス感染症への対応について

ZMP、自動搬送ロボで一度に複数枚のパレット搭載可能に

ZMP、自動搬送ロボで一度に複数枚のパレット搭載可能に

後部に連結、最大600キログラムまで対応

ZMPは10月13日、物流支援の自動搬送ロボット「CarriRo(キャリロ)AD+パレット積載タイプ」向けに、一度に複数枚のパレットを搭載できる新機能「パレットコンビ」を発売すると発表した。

専用のパレット台車をCarriRoの後部に連結。積載重量の合計が最大600キログラムの範囲内であれば、複数台をつなげることもできる。目的地まで荷物を運んだ後、自動離脱し、複数台のパレットをまとめて所定の場所へ戻すことにも対応している。

価格はパレット台車が15万円、台車間の連結アタッチメントが5万円。今年12月に出荷を開始する予定。


「パレットコンビ」(ZMPウェブサイトより引用)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事