新型コロナウイルス感染症への対応について

【動画】情報通信研究機構、自律移動ロボットがエレベーターで移動可能なシステム開発

【動画】情報通信研究機構、自律移動ロボットがエレベーターで移動可能なシステム開発

非接触でボタン操作、既存制御システムの大規模改修不要

情報通信研究機構(NICT)は10月20日、自律移動型ロボットがエレベーターを自ら呼び出して乗り込み、目的のフロアまで移動できるシステムを開発したと発表した。ソーシャルICTシステム研究室が開発を担当した。

既存のエレベーターでも制御システムに大規模な改修を施す必要がなく、エレベーター内外の呼び出しボタンや行き先指定ボタンに小型のIoT(モノのインターネット)ボタン押下デバイスを取り付けるだけで利用可能。

IoT無線通信規格「Wi-SUN」と近距離無線通信技術「BLE」などを組み合わせ、ロボットがWi-SUNを活用してエレベーターのボタンを非接触のまま操作する。スマートフォンを使って人間がシステムを利用することにも対応しており、人とロボットが同じエレベーターに乗ることも可能。

新型コロナウイルスの感染拡大で非接触のニーズが高まっているのを考慮した。今後は実用化に向け、JR東日本商事(東京都渋谷区代々木)、アンドロボティクス(京都港区西新橋)と共同で構内・屋外の実証実験を行う予定。


システムの概要(以下、いずれもNICT提供)※クリックで拡大


IoTボタン押下デバイス


ロボットがエレベーターに乗り込む様子

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事