新型コロナウイルス感染症への対応について

【動画】日野自動車と大林組、ダム建設現場でダンプトラックの自動運転実証実験

【動画】日野自動車と大林組、ダム建設現場でダンプトラックの自動運転実証実験

時速30キロメートルで走行、有人車両と混在

日野自動車と大林組は10月27日、大型ダンプトラックの自動運転実証実験を、実際の建設現場で行うと発表した。

人が乗り込むものの緊急時を除いて基本的に運転しない「レベル4」の自動運転を、11月1日から三重県伊賀市の「川上ダム」建設現場で1カ月半実施。夜間に稼働している現場内のダンプトラックに、日野の大型トラック「プロフィア」をベースにした自動運転車1台を投入し、約1・3キロメートルのルートを時速30キロメートルで走行する。

車両の走行ルートは日々採取先が変わるコンクリート骨材ヤードの位置に応じて設定。狭いカーブや悪路、急勾配も存在しており、より実地に近い環境での実験としたい考え。車両の現在地把握は全地球測位システム「GNSS」や周辺の環境を察知できるレーダー「LiDAR」などを用いる。

有人ダンプと自動運転車が混在した中で運行にどのような影響を及ぼすかを見極めるほか、全車自動運転車のみの運用も検討する。建設現場の自動化に向け他の建機と連携することを念頭に置き、稼働のデータ取得を図る。

今後は荷積み・運搬・荷降ろしまで一貫したオペレーションや、複数台の自動運転車を活用した現場における運用の新たな構築を目指す。


実験に投入する自動運転ダンプトラック(以下、いずれも両社プレスリリースより引用)※クリックで拡大


現場での走行テストの様子

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事