LOGI-BIZ online ただいまβ版を配信中

デンソーが羽田空港跡地に自動運転技術の開発拠点を開設

デンソーが羽田空港跡地に自動運転技術の開発拠点を開設

都内の研究オフィスと併せ東京エリアで開発が完結

 デンソーは10月31日、東京・大田区の羽田空港跡地エリアに自動運転技術の試作開発、実証を行う新たな拠点を2020年6月に開設すると発表した。

 同社は2018年4月、東京・港区の品川駅近郊に自動運転技術の研究開発オフィス「Global R&D Tokyo」を開設。他企業や研究機関などと連携、オープンイノベーションを強化してきた。

 新施設には試作や車両整備を行う開発棟と実証用のテスト路を設け、「Global R&D Tokyo」で企画・研究開発した自動運転技術の試作開発、実証を行う。企画から実証までを東京エリアで完結できる体制を構築することとなる。

 羽田エリアは国家戦略特区として自動運転など公道実証のサンドボックス制度導入の検討が進められている。

 また、羽田エリアがある大田区は「ものづくりのまち」としても知られる工業地帯で、高度な技術を持った企業が多く存在する。

 特区制度の活用、周辺企業との連携、東京エリアでの完結といった利点を生かし、自動運転技術の実現を加速させていく。


鹿島建設ホームページより

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事