新型コロナウイルス感染症への対応について

ESR、愛知・愛西市で6・3万平方メートルのマルチテナント型物流施設が完成

ESR、愛知・愛西市で6・3万平方メートルのマルチテナント型物流施設が完成

名古屋中心部まで15キロメートル、最大6テナント入居可能

ESRは11月5日、愛知県愛西市で建設を進めてきたマルチテナント型物流施設「ESR愛西ディストリビューションセンター(DC)」が10月31日に完成したと発表した。同県内で竣工したプロジェクトとしては4件目。

地上4階建てのS造で耐震構造を採用し、延べ床面積は6万3358平方メートル。最小区画8186平方メートルから利用可能で、最大6テナントの入居に対応可能な設計を施している。

1階は低床式33台分、3階は高床式29台分のトラックバースを設置している。将来のロボットやマテハン設備導入をにらみ、高圧電力での電力供給を確保。非常用発電機を取り入れ、停電時でも最大60時間にわたって庫内の一部照明や防災センター、荷物用エレベーターの一部、電動シャッタートイレを利用できるようにしている。

東名阪自動車道の蟹江ICから約7・5キロメートル、名古屋第2環状自動車道の甚目寺南ICから約7・0キロメートルに位置。名古屋市中心部まで15キロメートル、名古屋港まで22キロメートル、中部国際空港セントレアまで60キロメートルと主要物流インフラへのアクセスに強みを持つ。

2020年度中に名古屋第2環状自動車道の名古屋西JCT~飛鳥JCTが開通予定で、名古屋港へのアクセスは約15分短縮できる見通し。名鉄津島線の藤浪駅から約1キロメートルと通勤圏内で、近隣に住宅地もあるため、雇用確保の面でも優位性を備えている。


「愛西DC」の外観(以下、全てESR提供・クリックで拡大)


4階ラウンジ


1階のバース・倉庫


垂直搬送機

(藤原秀行)

物流施設/不動産カテゴリの最新記事