新型コロナウイルス感染症への対応について

ホンダ、世界初の「レベル3」自動運転車を20年度中に国内で発売へ

ホンダ、世界初の「レベル3」自動運転車を20年度中に国内で発売へ

渋滞など一定条件下で操作を代行、ドライバーの居眠りや飲酒は引き続き不可

ホンダは11月11日、一定の条件下で運転を自動化する「レベル3」の自動運転が可能な高級セダン「レジェンド」を日本で2020年度中に発売すると発表した。国土交通省が同日、路面走行に必要な型式指定を自動運転装置に対して行った。

レベル3の自動運転機能を持つ車を実用化したのは世界で初めて。政府は20年をめどにレベル3の自動運転車の市場化を目指す方針を示しており、普及に弾みが付くことが期待されている。

型式指定を受けたのは、ホンダが開発した自動運行装置「Traffic Jam Pilot(トラフィック・ジャム・パイロット)」は、高速道路で渋滞時にドライバーの運転操作の負荷を軽減するため、前を走る車をはじめ周辺の交通状況を監視するとともに、運転者に代わって運転操作を担い、車線内の走行を維持しながら前走車に追従する機能を持つ。

レベル3は渋滞など一定条件下でドライバーが運転を自動運行装置に任せることが可能だが、装置に異常が生じた場合に備え、ドライバーはすぐに運転を引き継ぐことが求められており、運転中の居眠りや飲酒は現状と同じく禁じられている。


レジェンドの現行車種(ホンダウェブサイトより引用)

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事