新型コロナウイルス感染症への対応について

ソフトバンクが自社社員対象に簡易設置型IoT宅配ボックスの実証実験へ、パナソニックとビットキーが開発

ソフトバンクが自社社員対象に簡易設置型IoT宅配ボックスの実証実験へ、パナソニックとビットキーが開発

専用アプリで解錠可能、20年度中にサブスクモデルで事業化目指す

ソフトバンクは8月27日、IoT(モノのインターネット)を活用した宅配ボックスの実証実験を行うと発表した。

パナソニックとデジタル認証技術を手掛けるスタートアップ企業のビットキー(東京都中央区京橋)が共同開発した簡易設置型のボックスを利用、主に戸建て住宅の居住者を対象に2020年度中の事業化を目指す。新型コロナウイルスの感染拡大でEC利用が急増していることも踏まえ、早期の普及を図りたい考え。

実験は今年の9月上旬から11月上旬にかけ、首都圏の1都3県(埼玉、千葉、神奈川)に住むソフトバンク社員を対象に実施。IoT宅配ボックスと専用アプリを提供し、実用性や利便性を検証する。

IoT宅配ボックスは専用アプリとBluetoothで接続して操作、解錠できる。専用アプリを通じて荷物の配達日時・状況の確認も行える。電動工具などがなくても既存の住宅へ容易に設置が可能。

サービスは初期費用が不要で使った分だけ料金を払うサブスクリプションモデルで事業化することを検討している。


IoT宅配ボックスの利用イメージ(ソフトバンクプレスリリースより引用)

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事