メルマガの配信元アドレスが変更となりました

福岡運輸、大阪・茨木で1・4万平方メートルの新たな冷凍・冷蔵倉庫建設へ

福岡運輸、大阪・茨木で1・4万平方メートルの新たな冷凍・冷蔵倉庫建設へ

70億円超投資しグループ最大規模に、22年4月竣工見込む

福岡運輸ホールディングス(HD)は12月1日、大阪府茨木市彩都で傘下の福岡運輸の新たな冷凍・冷蔵倉庫「大阪茨木物流センター(仮称)」を建設すると発表した。このほど、地鎮祭を行った。

鉄骨造の地上3階建て、延べ床面積は1万4280平方メートル。マイナス25度~プラス5度の温度帯に対応する。総投資額は70億円超とグループ最大規模になる見込み。

関西では兵庫県の鳴尾浜、尼崎、西宮と大阪府の南港に続いて5カ所目の冷凍・冷蔵倉庫で、大阪府内では初の自社倉庫。新名神高速道路の茨木手提寺ICから約2キロメートルに位置しており、大阪初の内陸型倉庫となる。2022年4月の竣工を見込む。

福岡運輸HDは20年度中に冷凍・冷蔵輸送網整備のため130億円程度を投資する計画。北九州市、鹿児島県志布志市に続いて3カ所目の投資となる。


新倉庫の完成イメージ(福岡運輸HD提供・クリックで拡大)

(藤原秀行)

物流施設/不動産カテゴリの最新記事